ユーロでリスク回避

右肩上がりの経済成長を続けるヨーロッパ。
取引量世界2位のマクロな通貨はFX取引に人気の通貨です。

ユーロはユーロ圏の地域通貨という面と、米ドルと並ぶ基軸通貨という面があり、
米ドルに次ぐ取引量があります。
そのためドル、円に大きく影響を受けて値動きをすることがあります。

連合体であっても加盟各国の経済状況がそれぞれ異なるので為替変動の要因がわかりにくいという難点もあります。

トレードの傾向としては、米ドルが悪材料で売られると逆にユーロが買われるという関係があり、
ドル安の際の逃避通貨とされることが多いことです。

米ドルが売られる時に資金が逃避してレートが変動するのでトレードのチャンスがあります。
米ドルよりも変動が大きいので為替差益を狙え、
スワップポイントも高めなので中長期保有にも向いている。

ユーロ高/円安の影響でブランド品やワインなどが値上がりしても
ユーロを買っておけば値上がり分が取り戻せる可能性がある。

HOME > ユーロでリスク回避